1: 2013-10-15 (火) 18:04:43 Land-Y
Line 1: Line 1:
 +RLMサーバのWindowsへのインストール
 +C:\RLM フォルダを作成します。
 +C:\RLMフォルダに rlm.zip をダウンロードし展開します。
 +アドミニストレータとしてコマンドプロンプトを開きます。
 +コマンドプロンプトにて cd C:\RLM を入力します。
 +rlm.exe -dlog "C:\RLM\rlm.log" -install_service を入力します。*
 +コマンドプロンプトにて net start rlm を入力しサービスを開始
 +* RLMのWebインターフェースはデフォルトではとても低いセキュリティになっています。 StarNetではRLMサーバにrlm.optファイルを付けているので、サービスをlocalhostのみに制限しつつ ランダムなユーザがRLMインターフェースの特定の部分にアクセスできます。 セキュリティを高めるため、-nows にてWebインターフェースを無効にします。 [#b9e89d55]
 +サービスタイプのインストール時に次のように入力します: rlm.exe -nows -dlog "C:\RLM\rlm.log" -install_service
 +
 +** サービスを無効にするには次のように入力します: rlm.exe -delete_service [#ub359404]
 +
 +
 +*参照 [#eb3b073a]
 +#siteimage(http://www.ibsjapan.co.jp/support/368.html)


       
Counter: 10667, today: 2, yesterday: 2
GoogleWiki
WikiMenu

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1