1: 2007-06-01 (金) 05:17:23
Line 1: Line 1:
 +// author:1
 +// author_ucd:5yFtmJ33dQ.s Land-Y
 +[[XSI日記]]
 +*Rigging リギング [#f47e73cc]
 +リグをつけます。しかもXSI標準のリグツールを愛用します。
 +
 +まずモデルをフリーズして履歴を全部消しておきます、もちろん顔だけはフリーズMで、エンベロープは壊しません。
 +
 +**ポリゴンメッシュノードのマージはするべきか? [#e54116f0]
 +現在19の項目(ノード)が存在します)このままだとゲームデータとしてリソースが無駄に食ってますので省エネ化できます。ある意味2007年現在のPC環境だったらこういった事は、そこまで気にする必要なんて無いわけですが・・それに最近のコンシューマーでもモバイルゲームでも、エキスポート時に項目を自動で省エネ化してくれるマージ機能が無いはずが無い・・!それにXSIにはGATORもありますので、最終的には軽量化が楽チンにできます。Gatorが無くとも、マージ設定には「マテリアル・UV,頂点カラー、ウェイトマップ」が転送できますので、今する必要も無いわけです。
 +
 +・・一応記事だけ書いてみる。
 +#ref(mg.jpg,around)
 +マテリアルとテクスチャは、全部グループ化しておいてますのでこれを直接マージしておきます。その際、イミディエイトモードをはずし、MergeMeshesオペレーターは保持しておきます。もちろんマージ前のデータを削除してもいけません。~
 +これで、もしモデリングを修正したくなったら、マージ前の個別メッシュを修正することがで、マージ後のモデルにも適応されますので何かと管理が楽です。これぞリレーショナルモデリングの真髄。


       
Counter: 42419, today: 8, yesterday: 20
GoogleWiki
WikiMenu

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1