1: 2006-11-01 (水) 01:36:20
Line 1: Line 1:
 +// author:1
 +// author_ucd:5tpLF6mAxx6E Land-Y
 +*XsiIllusion [#ddc50ea1]
 +[表示]>[レイアウト]>[合成]で表示できます。
 +#ref(1.jpg,around)
 +#clear
 +#contents
 +**概要 [#i2ed00fd]
 +XSIの合成ツールの総称です。~
 +(コンポジット、動画編集ソフト等とも言われます)~
 +AdobeのAffterEfect等が有名です。
 +画像管理が少し特殊で日利用する「レイヤー型」とは異なり、~
 +SchematicViewと同じくノードツリー形で管理するのが特徴的。~
 +慣れると使いやすいです。~
 +Photoshopもノードツリーと~
 +OpenGLに対応すれば良いのに。~
 +(APIにDirectXを使って欲しいという意味で)~
 +と、ふと思うくらい。
 +
 +***性能 [#if5c7f01]
 +130種以上の映画品質のエフェクトがあり、~
 +エクスプレッション、またはファンクションカーブを~
 +使用してアニメーションも可能(徐々に「ぼかす」とか)
 +
 +**2Dペイント [#bb7136f5]
 +ラスターとベクトル両方のペイントをサポートします。~
 +つまりXSIの中にはPhotoShopとIllustratorが梱包されている形と考えてもらえれば良いと思います。~
 +当然のように見慣れないユーザーインターフェイスですので~
 +まずはヘルプをしっかり読んでから利用します。
 +**FxTree [#p8c9e3d5]
 +各ノードを接続し、エフェクトを作成します。
 +#ref(2.jpg,around)
 +***覚えておくこと [#g64ac8b1]
 +-操作方法
 +-ナビゲーションコントロールの使い方
 +-ツリー関連
 +--名前の変更
 +--切り替え
 +--削除
 +
 +#clear
 +**Fxviwer [#ddc685e5]
 +ノードの結果をプレビューします。
 +***覚えておくこと [#e8c4c704]
 +-各ボタンの意味
 +-ナビゲーションコントロール
 +-ペイントメニュー
 +-プロパティエディタの使い方
 +
 +#ref(3.jpg,around)
 +
 +
 +
 +
 +#clear
 +**FxOperator [#c670ff9a]
 +合成のルールを作成します。
 +***覚えておくこと [#a55e160b]
 +-リセットボタン
 +-マスク
 +-アウトプットオプション
 +-スライダとミニスライダとトレッドミル
 +
 +***機能の一部紹介 [#ma267ade]
 +:Image:画像関係、PSDデータの場合はレイヤーを抽出可能。
 +:Composit:前景と背景イメージを組み合わせる。
 +:Retiming:イメージシーケンスのタイミングを変更。1秒当たり24fr→30frなど。
 +:Transition:イメージクリップ間のアニメ。ディゾルブ、フェード、ワイプ、プッシュ、ピール
 +:ColorAdjust:カラー補正 色彩、彩度、明度、輝度、コントラスト等
 +:ColorCurves:前景、背景を、輝度、彩度、カラー等基準で抽出。
 +:Grain:粒子を追加 ノイズを追加
 +:Optics:工学的エフェクトを作成。被写界深度、レンズフレア、フレアリング
 +:Filter:ブラー、ノイズ
 +:Distort:3Dの変更をシミュレート。ディスとレーションや変換を適用します。
 +:Transform:イメージの切り取りおよび、サイズの変更
 +:プラグイン:カスタムオペレータを取り込めます
 +:PainterlyEffects:クラシカルな芸術的エフェクトを適用できます。~
 +[Chalk & Charcoal]、[Watercolor]、[Bas Relief]、[Palette Knife]、[Stained Glass]
 +#ref(4.jpg,around)
 +
 +#clear


       
Counter: 14124, today: 6, yesterday: 3
GoogleWiki
WikiMenu

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1