1: 2013-05-11 (土) 18:01:57 Land-Y 現: 2013-05-11 (土) 18:51:16 Land-Y
Line 2: Line 2:
#siteimage(http://exocortex.com/products/crate/) #siteimage(http://exocortex.com/products/crate/)
-シーン共有を目指すフォーマット。+効率的に複数のソフトウェアアプリケーション間で 
 +アニメーションや視覚効果シーンの保存や共有を目指す。 
 + 
 + 
 +[[公式サイト:http://www.alembic.io/]]
http://exocortex.com/products/crate/にて有償で購入可能。 http://exocortex.com/products/crate/にて有償で購入可能。
-3DSMAX,MAYA,Softimageと 書き込み1ライセンス。読み込み5ライセンスがついてくる。+3DSMAX,MAYA,Softimage 書き込み1ライセンス。読み込み5ライセンスがついてくる。
[[3DSMAXの読み書きプラグインはデジタル・フロンティアにて公開中。:http://www.dfx.co.jp/dftalk/?p=5895]] [[3DSMAXの読み書きプラグインはデジタル・フロンティアにて公開中。:http://www.dfx.co.jp/dftalk/?p=5895]]
Line 10: Line 14:
Softimageは有償の物のみ確認されています。2013年5月11日 Softimageは有償の物のみ確認されています。2013年5月11日
-*利用用途 [#pcd26f13]+*利用用途一例 [#pcd26f13]
ICEで作った様々なものやポリゴンメッシュのシェイプを軽量かつ高速に書き出し可能。 ICEで作った様々なものやポリゴンメッシュのシェイプを軽量かつ高速に書き出し可能。
レンダリング用途のキャラクタアニメーションで利用する際に大変便利。 レンダリング用途のキャラクタアニメーションで利用する際に大変便利。
-モーション制作したあと、ポリゴンの頂点情報だけをレンダリング専用シーンに持ち込無ことが出来る。+モーション制作したあと、ポリゴンの頂点情報だけをレンダリング専用シーンに持ち込む事が出来る。
なおかつリファレンスが可能。 なおかつリファレンスが可能。
-つまりレンダリングの設定をどれだけ変更加えても、+つまりレンダリングの設定を、 
 +どれだけ変更加えても、
トポロジーの頂点番号が変わらなければ トポロジーの頂点番号が変わらなければ
-割りと気楽にレンダリング方法を変更が可能。+割りと気楽に再レンダリング変更が可能。
RIGやシミュレーションデーターを置きっぱなしのシーンをレンダリングすると RIGやシミュレーションデーターを置きっぱなしのシーンをレンダリングすると
Line 24: Line 29:
その改善だけでも利用用途としては価値が高い。 その改善だけでも利用用途としては価値が高い。
-*Script [#md833738]+#ref(Shot0029.JPG) 
 +このようにノード群だと、レンダリングに必要なのはポリゴンメッシュだけなのでムダだらけ。安定性にも掛ける。 
 +他の方法はShapePlotして他のノードはゴミ箱行き。 
 +ただ、Shapeは外部参照が難しいので 
 +頂点の移動情報だけ差し替えるAlembicは大変有用。 
 + 
 +*Scriptで自動出力&読み込み [#md833738]
少々記述が特殊。 少々記述が特殊。
 +Jscriptで紹介します。
 +以下の方法は一例です。詳しくはマニュアル読んでください。
 +
 alembic_import_jobs(“jobstring”)  alembic_import_jobs(“jobstring”)
-このjobstringの部分に、一度データーを書きだすとログに設定が残るのでソレをコピペスルだけでOK+↑このjobstringの部分に、一度データーを書きだすとログに設定が残るのでソレをコピペスルだけでOK
- + 
- alembic_import_jobs("filename=D:\\Dropbox\\Works\\SI\\project\\Shows\\abc\\cube.abc;normals=0;uvs=0;facesets=0;importVisibilityControllers=0;importStandinProperties=0;importBoundingBoxes=0;attachToExisting=0;skipUnattachedNodes=0;failOnUnsupported=0;enableImportRootSelection=0;stripMayaNamespaces=0;importCurvesAsStrands=0;defaultXformNode=model;sceneMergeMethod=attach");+ 読み込みの例 
 + alembic_import_jobs("filename=D:\\Dropbox\\Works\\Softimage\\project\\Shows\\abc\\cube.abc; 
 +     "normals=0;"+ 
 +     "uvs=0;"+ 
 +     "facesets=0;"+ 
 +     "importVisibilityControllers=0;"+ 
 +     "importStandinProperties=0;"+ 
 +     "importBoundingBoxes=0;attachToExisting=0;"+ 
 +     "skipUnattachedNodes=0;"+ 
 +     "failOnUnsupported=0;"+ 
 +     "enableImportRootSelection=0;"+ 
 +     "stripMayaNamespaces=0;"+ 
 +     "importCurvesAsStrands=0;"+ 
 +     "defaultXformNode=model;"+ 
 +     "sceneMergeMethod=attach"); 
 + 
 +[[パラメーターの詳細はAlembicマニュアルを読んでください。:https://docs.google.com/document/d/1SEZhypDrmFRO_rSmfuv7QCNzs7jVSHG_KeUauizcS9o/edit]] 
 + 
 +**出力Scriptサンプル [#ydcadfb8]
-長い部分はセパレートで(|)区切って良い。+ //現在のSoftimageProjectパスを取得 
 + var oProj = ActiveProject.Path 
 + //出力したいグループをまとめておいて選択 
 + SelectMembers("ExportGrope", null, null); 
 + var oSel =Selection; 
 + //プレイバックのスタートフレーム取得 
 + var oSta = GetValue("PlayControl.In") 
 + //エンドフレーム取得 
 + var oEND = GetValue("PlayControl.Out") 
 + //Alembicエキスポート 
 + alembic_export_jobs( 
 +     "filename=" +oProj+ "\\abc\\cube.abc;"+ 
 +     "objects=cube;"+ 
 +     "in=" +oSta+ ";"+ 
 +     "out=" +oEND+ ";"+ 
 +     "step=1;"+ 
 +     "substep=1;"+ 
 +     "normals=false;"+ 
 +     "purepointcache=true;"+ 
 +     "uvs=false;"+ 
 +     "facesets=false;"+ 
 +     "bindpose=false;"+ 
 +     "guidecurves=false;"+ 
 +     "includeParentNodes=true;"+ 
 +     "transformHierarchy=flat");


       
Counter: 10595, today: 1, yesterday: 5
GoogleWiki
WikiMenu

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1