1: 2005-11-18 (金) 00:45:38 現: 2009-10-05 (月) 22:23:02 ゲスト
Line 1: Line 1:
-// author:0 
*マテリアル(Material) [#hd775829] *マテリアル(Material) [#hd775829]
-便宜上、オブジェクトの見栄えと情感を変える~ +
-シェーダのエフェクトを積み重ねたものを~ +
-''「マテリアル」''と~ +
-呼ぶことにします。+
#ref(1.gif) #ref(1.gif)
**概要 [#jdfd0590] **概要 [#jdfd0590]
 +
 +便宜上、オブジェクトの見栄えと情感を変える~
 +シェーダのエフェクトを積み重ねたものを~
 +''「マテリアル」''と~
 +呼ぶことにします。
-オブジェクトには、それぞれマテリアルが必要です。 -オブジェクトには、それぞれマテリアルが必要です。
-マテリアルがなければ、オブジェクトをレンダリングできません。 -マテリアルがなければ、オブジェクトをレンダリングできません。
Line 19: Line 20:
-**詳しい説明(引用) [#j65135a9]+**詳しい説明(ヘルプより引用) [#j65135a9]
厳密に言うところのXSI のマテリアルとは、~ 厳密に言うところのXSI のマテリアルとは、~
オブジェクトのさまざまな属性のコンテナまたはそれら属性への~ オブジェクトのさまざまな属性のコンテナまたはそれら属性への~
Line 46: Line 47:
オブジェクトの色、透明度、反射率などを変更できます。~ オブジェクトの色、透明度、反射率などを変更できます。~
さまざまなシェーダを接続できるポートもあれば、~ さまざまなシェーダを接続できるポートもあれば、~
-ごく限られたシェーダしか接続できないポートもあります。 +ごく限られたシェーダしか接続できないポートもあります。~ 
- オブジェクトの外観を変更す +オブジェクトの外観を変更する操作には、
-る操作には、シェーダをオブジェクトのマテリアルに接続する作業が+シェーダをオブジェクトのマテリアルに接続する作業が
-ほぼ必ず含まれるということを理解しておきましょう。+ほぼ必ず含まれるということを理解しておきましょう。
-Material ノードとそのインプットの詳細については、p.150 の「操作を+
-開始する」を参照してください。+


       
Counter: 21602, today: 2, yesterday: 2
GoogleWiki
WikiMenu

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1