ポリゴンモデリング

Page Top

概要 anchor.png Edit

XSIで機能を説明しながら

ポリゴンモデルを組み立てます。

このチュートリアルをこなすことで

基本的な操作を修練することが可能です。

Page Top

プリテミィブを取り出す anchor.png Edit

基礎的な形状を変形させて、モデルを作成します。

初めからある程度形状のできあがったモデルが用意されています。

[取得]

プリミティブ→ポリゴンメッシュ→立方体

1.gif

ご覧のように正方形が出現しました。

取り出す際に、形状をある程度自由に変更する事が出来ますが

そのままOKしてください。

取り出せたら色々な視点から立方体を観察してみましょう。

Page Top
Tips 「ビュー操作」でオブジェクトを見る視点変更 anchor.png Edit
2.gif

(3Dビューではカメラという概念があり、

それを操作する事でどこの視点からオブジェクトを見ているかを変更します。)

ビューの操作方法

動かしたいビューにマウスカーソルを合わせ

  • 「O」キーで オービット(カメラ回転)
  • 「P」キーで ドリー(カメラ事態を寄せたり離したり)
  • 「Z」キーで ズームイン、ズームアウト、カメラ位置の上下(画角を狭めたり広めたり

これらを複合したツールが

  • 「S」キーの ナビゲーションツールです。
  • 「A」キーで オブジェクト全て表示
  • 「R」キーで 選択中のオブジェクト表示
Page Top

操作履歴 anchor.png Edit

XSIはほぼ全ての操作を

履歴に保存してくれます。

あまり履歴を取りすぎると

パソコンがとても重くなります。

今回は操作の履歴を取らないように

イミディエイトモードを有効にしておきます。

詳しい説明は別ページにて解説しております。

イミディエイトの文字をクリックしてください。

34.gif
Page Top

立方体を移動させる anchor.png Edit

早速モデルを変形します。

まずオブジェクトの移動方法を説明します。

3.gif

「スペース」キー を押しながらオブジェクトを選択します。

すると変換軸編集が表示されます。

この赤、緑、青の矢印をドラッグすることで、

オブジェクトの位置を変更する事が可能です。

変換マニピュレーターを有効にしておきます。

コレにチェックを入れておけば、

変換軸の中心を選ぶと

XYZ全ての移動が一気に可能になります。

変換マニピュレータがチェックされてないときとされているときを比べてみて

自分の扱い易いと思う方を選択してください。)

Page Top
Tips 移動方法色々 anchor.png Edit
  • 数値入力

変換軸を操作するだけでなく、

数値入力でも位置を変更することが可能です。

Y軸に「10」と、入力し、キーボードのEnterキーをおします。

4.gif
  • 移動値を規則付けする

Shift+ドラッグをする事で、

設定で指定した数値だけ

移動させることが出来ます。

  • 変換軸を操作する場合、

目分量ではなく、正確な移動が出来る

設定をする事が出来ます。

[TranceFormパネル→変換設定→増分]

33.gif
Page Top

ポリゴンを選択する。 anchor.png Edit

ポリゴン選択モードにします。

[U]キーを押しながら、ポリゴンの上面を選択します。

5.gif
Page Top
Tips 選択モード anchor.png Edit

[U]キー ポリゴン選択ツール

[E]キー エッジ選択ツール

[T]キー ポイント選択ツール

このツールは、ボタンを押している間有効ですが、

持続的に有効にする方法もあります。

スティッキーモード

スープラモード

を参考にしてください。

Page Top

ポリゴンを複製する anchor.png Edit

ポリゴンを選択した状態で、

[ctrl+D]を押すと、ポリゴンが複製されます。

見た目、何も変わっていませんが、ポリゴンが重複しています。

変換軸の「Y」を掴み、上に移動させるか、数値入力で「20」としてください。

ポリゴンが押し出されて複製された事が確認できます。

Page Top
Tips ポリゴン複製には2種類ある anchor.png Edit

押し出しと

複製があります。

デフォルトでは押し出しですが、

複製にする事で、ポリゴンを画像のように

複製する事が可能です

7.gif
Page Top

ポリゴンをサブディビジョンする anchor.png Edit

ショートカットキーでは、Shift+D

メニューでは

9.gif

どちらかを選び、ポリゴンを

「サブディビジョン」します。

パラメータは「X」を選びます。

8.gif
Page Top
Tips サブディビジョンとは? anchor.png Edit

ボリゴンを滑らかな曲面として表現する手法です。

ポイントとポイントの間を綺麗に補完してくれます。

今回利用したのはローカルでのサブディビジョンですが、

オブジェクト全体を一時的にサブディビジョンする事もできます。

モデル選択後、キーボードの「+」を押す(テンキーの)

戻すときはキーボードの「−」を押します。

10.gif
Page Top

ポイントを選択し、ポイントを複製する。 anchor.png Edit

「T」キー を押して、~マウスでドラッグしてください。

図のようにポイントを選択後

Ctrl+D を押すことで、

選択したポイントの周りに

新しいポイントを発生させることが出来ます。

11.gif
12.gif

複製したポイントを

選択します。

[T]キー を押しながら、

選択したいポイントをドラッグします。

13.gif
Page Top
Tips 選択方法、色々 anchor.png Edit

もし、ポイントを選びすぎたり、選び損ねたりした場合

簡単に追加したり除外したりできます。

Shift+T 追加選択が可能です

Ctrl+T 選択するたびに、ポイントを追加したり除外したりできます。

14.gif

選択ツール色々

ポイントを選ぶ方法も色々有ります。

XSI選択ツール.gif
Page Top

ポイントをスケールする anchor.png Edit

ポイントの位置を変更するには

トランスフォームだけでなく、スケーリングなども利用できます。

均等に幅を広げたい場合など非常に有効な手法です。

ポイントを選択したまま

スケーリングツールを有効にします

(ショートカットは「X」キー)

スケーリングする場合は、

オブジェクトのセンターポイントを参考にしますので

COGモードを有効、またはローカルモードに変更します。

今回は二通りの方法が有りますが、

選択されているポイントのローカルを基準に軸を表示させる

すこし言い回しがややこしいのですが

選択している物体を中心としてみるかそうでないか・・

図のように、COGモードにすると

選択されたデータの丁度、真ん中に変換軸が表示されるようになります。

15.gif

X軸とZ軸だけに「1.5」と数値を打ってみます。(Y軸に数値は入れません)

ポイント事態には1次元のモノで、

「スケール」といった概念が無いので

表示上「1」に戻ります。

ついでに、トランスレーションのY座標を22に変更します。

18.gif
Page Top
Tips 3D座標の数値とは、何処を基準にした位置か? anchor.png Edit

トランスフォームパネルの下には

SRT(スケーリング・ローテーション・トランスレート)を操作する

覚えておきたいことが有ります。

操作方法によって使い方が変わりますが、

基本的には「何処を基準に変換軸を表示させるか」

覚えてきたいコツはそこにあります。

16.gif
  • グローバル 3D座標「0,0,0」から基準に見た数値
  • ローカル  選択したオブジェクトのセンター(中心)から見た数値

ローカルの場合、センターが「0,0,0」の位置に有るとは限りません。

もしセンターが「X軸10]に有った場合、

グローバルモードでは「10,0,0」~

ローカルモードでは 「0,0,0」と表示されます。

Page Top

エッジを選択し、削除する anchor.png Edit

Eキー を押してエッジを選択します。

選択後 Deleteキーを押してエッジを削除します。

20.gif
19.gif
Page Top
Tips コンポーネントの削除方法色々 anchor.png Edit

コンポーネントの意味

意味はよく分かりませんが、モデルを構成する内部的な事情です。

コレを色々な方法で削除してみます。

今回は3つ紹介します。

21.gif
  • 集約    周りが吸い込まれる。削除されたコンポーネントは穴埋めされる。
  • 削除    補完されない、ポリゴン事態に穴が空きます。
  • ディゾルブ 周りに影響を及ぼさずに削除する。見た目、ただ単にデリートした用に見えますが、影響が及ぶ箇所で効果が現れます。

例えば、図のようにエッジを削除した場合

23.gif

エッジの根本のポイントがどうなるか・・

通常、Deleteで削除した場合、

ポイントも一緒に削除されます。

コンポーネントのディゾルブで削除した場合、

エッジのみが削除され、

ポイントは削除されません。

22.gif
Page Top

ポリゴン追加、エッジ追加、ポイント追加 anchor.png Edit

ポリゴン追加ツール

「N」キー、又は「修正」→「ポリゴンメッシュ→「ポリゴン追加/編集ツール」

エッジ追加ツール

「\」キー、又は「修正」→「ポリゴンメッシュ→「エッジ追加ツール」

ポイント追加ツール

「Insert」キー、又は「修正」→「ポリゴンメッシュ→「頂点追加ツール」

  • 概要

ポリゴンに、エッジを追加したり

ポイントを追加したりします。

ポリゴン事態を増やすこともします。

ポリゴンモデル作成中、

利用頻度の高い操作です。

1.jpg
Page Top

ポリゴン追加ツールの解説 anchor.png Edit

ポリゴン追加ツールを利用します。

水色のライン、または何もない場所からから、

ポリゴンを作成する事ができます。

頂上のポリゴンを削除しておきます。

ポリゴンが無い部分は「水色」のラインになります。

シェーディングモードでみると、

ポリゴンに穴が空いていることが分かります。

25.gif
24.gif
  • 手順

修正→ポリゴンメッシュ→ポリゴン追加/編集ツール

「N」キー を押してもツールが有効化。

26.gif
27.gif

水色のエッジ、(またはポイント)をクリックして、

別の水色のエッジかポイントに

クリックしてみます。

ポリゴンが追加されました。

29.gif

続けてポリゴンを張りたい場合は、次は別の水色のエッジをクリックします。

ツールの終了は右クリックです。

Page Top
Tips ポリゴン追加は「個別向きビュー」で anchor.png Edit
30.gif

ご覧の通り、カメラモード、ユーザーモードで

ポリゴンを追加すると、想定していない形でポリゴンが形成されます。

31.gif

ですので、ポリゴンを作成するときは

フロントビュー、ライトビュー、トップビュー、

2次元表示のビューを利用するか、

スナップを利用して作成すると良い感じですが、

やはり想定しない位置にポイントが発生したりしますので

ポリゴン単体を生み出す用には利用し辛いようです。


Page Top

投票、コメント anchor.png Edit

選択肢 投票
よく分かった110  
なんとなく分かった17  
今一分からなかった10  
  • 改めてまとめてあるのを見てみると、結構知らないこととかってありますね。複製のオプションにポリゴンの項目があるのってはじめて知りました。 -- myan編集 2005-09-01 (木) 01:56:47

添付ファイル:
fileXSI選択ツール.gif 2160件 [詳細] file8.gif 406件 [詳細] file9.gif 304件 [詳細] file7.gif 333件 [詳細] file7_0.gif 298件 [詳細] file6.gif 279件 [詳細] file5.gif 302件 [詳細] file4.gif 291件 [詳細] file31.gif 275件 [詳細] file30.gif 301件 [詳細] file33.gif 299件 [詳細] file34.gif 232件 [詳細] file3.gif 296件 [詳細] file29.gif 364件 [詳細] file27.gif 372件 [詳細] file28.gif 283件 [詳細] file23_0.gif 194件 [詳細] file24.gif 295件 [詳細] file25.gif 295件 [詳細] file26.gif 302件 [詳細] ... more 16 files. [ Show All ]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 115814, today: 13, yesterday: 68
最終更新: 2017-03-28 (火) 11:58:20 (JST) (89d) by ゲスト
GoogleWiki
WikiMenu

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1