ホームLastNews › 支援ツール紹介

支援ツール紹介

  • 記事一覧
RSS feed
検索:
16件中610件目を表示 並べ替え:

www.si-community.com • View topic - Scntoc Res Manager v 1.0 released

支援ツール紹介: Scenetocマネージャー v1.02

http://bit.ly/10SC5Qo

Scenetoc Res Manager for modifying Autodesk Softimage scntoc files.

sceneTocファイルを管理するスタンドアロンツールです。
このファイルの効果は以下等があります。

 

リファレンスモデルの解像度を設定し、同様に解像度やデルタに使用する外部ファイルを変更します。

テクスチャ、イメージ、オーディオ、またはアクションなどの外部ファイルのパスを変更します。

レンダリングオプションを変更します。

現在のレンダリングパスを変更します。

シーンをロードした後に自動的にスクリプトを実行します。

  

 2013年4月10日 V1.02公開。

 

Scenetoc Res Manager for modifying Autodesk Softimage scntoc files.

 続き...

Creation | Fabric Engine 

支援ツール紹介: Fabricengine Creation Platform ツール紹介と新ライセンスについて

http://fabricengine.com/creation/

FabricEngine Creation Platform

 

Fabric Engine社の Creation Platformの紹介。

 

オートデスク®マスターズ賞受 Helge Mathee 氏も関わる。
チームのほとんどが元Softimageメンバー。
クラウド、モバイル展開を網羅する 次世代アプリケーション。
Autodesk MAYA,Softimage上でも動作。

これは、
3DCGアプリケーションを制作するためのフレームワークであり、
それで作られたものをMAYA,Softimage等で共通の機能、パラメーターで
CG制作ができます。

詳しくは動画 [Creation Platform Trailer] を参照してみてください。

 

*つたない英語力とGoogle翻訳だよりですので間違いあれば指摘お願いします。 

■2013年1月28日 クリエイション&クリエイションモジュールの発表

価格改定と、独立した生成モジュールを販売。
旧ビジネスモデルと、変更後の利点を解説。

CreationPlatformは、
全部セットは使わないツールもあるし
3000ドルは高いですよね、との話。理由と今後の展望が書かれてます。
詳しくはBlog直接みて英訳してみてください。 

■利点(抜粋)
・1ライセンス辺り 250ドル保守(2万3千円程)
・サードパーティの開発者は、
 はるかに低コストで
 スタンドアロンアプリケーションやモジュールを販売することができます 

 

新価格

★年間レンタル:1ノードあたり年間250ドル、 
★購入:750ドル+ $ 100(年)サブスクリプション
(ボリュームライセンスや、ライセンス方式の詳細は直接サイトみてください)

現在、有償ベータ版である。すべてのサイトは、2つの無料の許可の資格があります
★個人が対象  無料1ライセンス。 
家庭での使用のためのライセンスを希望する
学生、愛好家、研究者や人々が含まれています。

■機能紹介ページ

 
Real-time Rendering リアルタイムレンダリング
Creation: Flora 植林
Creation: Horde 群衆
Creation: Tufty 髪の毛
Creation: Flex 筋肉
Creation: Orb サーバ側のレンダリングモジュールウェブブラウザで閲覧できる

■新機能。植林&Simulationツール 

Creation:Flora in Softimage

 
 
 続き...

Lumion 3.0 released

支援ツール紹介: Lumion3リリース GI対応リアルタイムレンダリング建築ビジュアライゼーションソフトウェア

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2012-11-28 11:12
タグ: , , , , , , ,
http://lumion3d.com/lumion-3.0-update?utm_source=newsletter8&utm_medium=october&utm_campaign=email

Lumion 3.0 リリース 

建築ビジュアライゼーションソフトウェア。
簡単に建物や景観、空等が制作できる有償のソフトウェア
新バージョン販売開始。 

30article.jpg 
 
新機能には、平らな表面は、
ガラスの複数の層の正確なレンダリング、
新しい高品質の木のモデル、
強化されたキャラクターモデル、
ボリュメトリック雲やビデオテクスチャをサポート。
改良された空のレンダリング上の
グローバルイルミネーション。
新しい3Dサウンド機能、
正確な反射があります。
 
 
 
 続き...

dl

支援ツール紹介: パーティクルを手書き修正する Sparta

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2012-9-20 14:36
タグ: , , , , , , ,
http://spartaproject.com/jp/index.html

logo_full.png 

「Sparta」は世界で最初のパーティクルのための手描きアプリです。

1フレーム1パーティクルのレベルまで
SpartaはGUIにペンインターフェイスを採用することで、1粒のパーティクルを完全に制御します。 ストップモーションのように全てのフレームでアニメーションをつけることさえ可能です。 SpartaはパーティクルのためのZBrushを目指しています :D

プログラミング作業から解放します
エクスプレッションやノードベースのシステムは非常に自由度が高い技術ですが、アーティスト向けの技術とは言えません。 私達はこれらの技術を完全にペンインターフェイスで置き換えます。

WS000336.JPG?way=attach&_noumb&refer=FrontPage&openfile=WS000336.JPG

 

Spartaの紹介

 

Wine Video

他、細かいチュートリアルやツールごとの解説は公式サイトを御覧ください。

 

 続き...

Videos - Clarisse iFX Demo at SIGGRAPH 2012

支援ツール紹介: 次世代3Dソフト Clarisse iFX デモ SIGGRAPH 2012

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2012-8-28 8:02
タグ: ,
http://software.intel.com/en-us/videos/channel/visual-computing/clarisse-ifx-demo-at-siggraph-2012/1801185684001

Clarisse iFX Demo at SIGGRAPH 2012

intelのページより
大量のオブジェクトをリアルタイムにレンダリングし、
コンポジットまで出来るソフトウェアの紹介動画。

価格は$2995 2レンダーノード付
追加レンダーノードは
$995.

発売日はマダ詳細不明ですが
今年の終わりになる前に・・とは書かれています。続報に期待。 

他、最新の紹介動画がyoutubeにアップされています。

 

 

 続き...

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1