ホームLastNews › Addon&Scripts

Addon&Scripts

  • 記事一覧
RSS feed
検索:
322件中15件目を表示 並べ替え:

Alberto Gz • . A raíz de una sugerencia de Xuan Prada, hice...

Modeler Addon: テクスチャUV操作支援ツール UDIMTools

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-7-29 12:23
タグ: , , , , ,
http://albertogzg.tumblr.com/post/91979523805/a-raiz-de-una-sugerencia-de-xuan-prada-hice

UDIMTools for Softimage

UV操作支援ツールです。
ダウンロード可能です。

規則正しく移動させたり、ミラーリングさせたるすることができます。
詳細は動画を参照してください。

UDIMTools for Softimage


 続き...

Animate Addon: 親NULLを作り、コンストレインを受け渡すスクリプト

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-7-24 16:51
タグ: , ,

cvELD_CNSChangeParent.jpg

親NULLを作り、コンストレインを受け渡すスクリプト
子供は開放されます。

 続き...

Addon&Scripts: クローンして左右反転、自動化ツール

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-6-26 22:42
タグ: , ,

スクリプティングメモ
JSで作っています。 

クローンして左右反転、
クローン元の生にプリフィックス "Clone_" を追加
シンメトリコンストレイン。

複数選択可能。

■とりあえず今やってる所のタスクメモ。
・ブランチ選択でも動くようにしたい。

/////////こっから 

//アクティブシーンルート宣言

root = ActiveSceneRoot;



/////クローンオブジェクトグループ用のNULL配置/////

//アクティブシーンルートにある"Clone_gr"を見つけ出す

var oNull = root.children.item("Clone_GrNull");


//Clone_grが「無かった」ら実行

if(!oNull){

var oNull = root.addnull("Clone_GrNull");

oNull.size.value = 0

}

/////クローンオブジェクトグループを生成/////


var oGr = root.groups.item("Clone_gr");

//Clone_grが「無かった」ら実行

if(!oGr){

SICreateGroup("Clone_gr");

}





/////クローンして対象に配置してシンメトリコンストレイン/////

var oCol = XSIFactory.CreateObject( 'XSI.Collection' );

oCol.items = Selection;


for ( var i = 0 ; i < oCol.count ; i++ ){


var oClone  = Clone(oCol(i),1,0);

logmessage(oClone(0).name)


oClone(0).name = "Clone_"+oCol(i);

ResetTransform(oClone, siCtr, siSRT, siXYZ);

Scale(oClone(i), -1, 1, 1, siAbsolute, siPivotCOG, siObj, siX, null, null, null, null, null, null, null, 0, null);

ApplyCns ("Symmetry",oClone(i),oCol(i),"True");

ParentObj("Clone_GrNull")

AddToGroup("Clone_gr",oClone);

}

////////ここまで 

 続き...

POLYGONOMICON Fabric Splice導入方法メモ

General Addon: Fabric Splice導入方法メモ

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-6-15 16:25
タグ: , , , ,
http://polygonomicon.blog111.fc2.com/blog-entry-156.html

POLYGONOMICON さんより
http://fabricengine.com/

Splice導入紹介。一部引用。全ての詳細はBlogを確認してみてください。
Softimage元開発者が送る期待のツール
プラットフォームを超えて新機能を自身で組み上げる!

 Splice_logo10.png

Fabric Splice導入方法メモ

需要あるかわからんけど、せっかくなのでFabric Spliceのsoftimageへの導入方法をメモっておきたい。
個人的には実際に覚える難易度よりも、導入するまでの難易度のほうが高く感じた。
単純に公式サイトのほうで導入までのやり方の説明が足りてない+英語のみってところが参入障壁になってる。
すごく強力なツールなのに、もったいないなと思ったので以下に手順をメモ。

●ダウンロード
オフィシャルページはこちら:
インストールしなおして調べたところ、Fabric EngineなしでもSpliceは単品で動くようなので、実は思ったよりも簡単。
Spliceのダウンロードはこちらから:
「FabricSplice1.11.0-Softimage2014SP1-Windows-x86_64.zip」などを選んでダウンロードすればOK。
いまのところsoftimageは2013と2014が対応しているので使用するバージョンにあわせて。
「FabricSplice1.11.0-SoftimageSamples.zip」は、softaimge用のサンプルシーンが入っているので、
後で参考にするために一緒に落としておきたい。

●ワークグループへの登録
上記ファイルをダウンロードしたら、ローカルの任意の場所にフォルダーを作成して、そこに解凍。
自分は作業用HDの中に「fabricEngine」というフォルダを作ってそこに放り込んだ。
その後、softimageを起動し、File > PluginManager を開き、Workgroups タブの中から「Connect」。(日本語だと「接続」ボタンかな?)
するとフォルダ指定を促されるので、先ほどのフォルダの中を掘って「FabricSpliceSoftimage2013」などの名前のフォルダを指定。
140501a_plugin.jpg
そうするとこんな風な表示になるはず。

puginManagerを閉じるとsoftimageのトップメニューにこんな感じに項目が一つ追加されている。
うまく行かない場合はフォルダの指定がまちがってないかチェック。全角フォルダ名なども疑ってかかる。
140501b_plugin.jpg
すぐに表示されない場合は一度softimageを再起動すると出てくるかも。

以降、splice系の操作はこの項目からのプルダウンで行う形になる。 

 続き...

www.si-community.com &bull; View topic - ehRSCamera for use with Redshift

Render Addon: RedShiftレンダラーの正確な現実世界をシミュレートするカメラPlugIn

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-6-11 13:30
タグ: , , , ,
http://bit.ly/1hNxKNw

 Camera_plugin_description.png

■Softimage と プロダクションクオリティを謳うRedShiftレンダラー 

以下意訳。正式には自分で英語翻訳してください。

 

正確な現実世界やモーションブラーを取得する。

RSフォトグラフィック露出 RS ボケとモーションブラー等と一緒に

Softimageでリアルタイムカメラパラメーターを利用できるようになります。


幾つかの概要

・F /ストップ、レンズ焦点着丈とシャッター速度で動いている。

・DoFはフォーカスターゲットの視覚補助として、近距離と遠距離のオブジェクトが置いてある。

・ロータリーシャッタースピード

・°Kのホワイトバランスオプションが実装されています

・HDRI、ドームライトと組み合わせて使用可能

・実際のバックフィルムやセンサーサイズのカメラプリセット、アスペクト比付属

・X/CM のSI単位でのシーンスケールを変更するためのスライダ

・既存のカメラをRedShift用に変更可能

・マニュアルモードでRSボケをコントロール

・自動モード

・ユーザーマニュアル有り


私はこのアドオンを楽しく役に立つことを願っている。

幸せなレンダリングと歓声の為に!

★ユーザーズマニュアル(PDF)

icon_spacer-vflN3BYt2.gif

ehRSCamera.xsiaddon 

 続き...

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1