ホームLastNewsタグ › タグ: CreationPlatform

タグ: CreationPlatform

  • 記事一覧
RSS feed
 
3件中13件目を表示 並べ替え:

Creation: Horde | Fabric Engine

News: 群衆ツールCreation: Horde in Softimage,MAYA他多数

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-4-18 10:46
タグ: , , , , , , , , , , ,
http://fabricengine.com/creation-modules/horde/

現在クローズベーター、商業のプロダクション向けに利用申請制限がされています。
元Softimage開発陣が立ち上げた会社FabricEngineがリリースしている群衆ツール。
文章を読むよりも是非動画を見てそのポテンシャルを確かめてください。

Creation: Horde

(Google翻訳の意訳)
Creation:Hordeはリアルタイムの群集システムである。直感的な「塗り」インタフェースを使用して、大量のエージェントを指示することができる。むしろ複雑なAIシステムをデバッグしようとするよりも、私たちはどのような人でも公平に力を与えることを決めた。エージェンはトリアルタイムで反応が可能、それらの方向の変化に 大勢でもインタラクティブなワークフローを可能にする。


2013年5月1日追記
Maya,SoftimageでもHordeが動いてる動画がアップされました。
是非チェックしてみてください。

 続き...

News: Creation Platform 1.0.32 released!

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-2-7 4:45
タグ: ,

FabricEngineより 

★Google翻訳より

http://dist.fabric-engine.com/CreationPlatform/latest/

クリエイションプラットフォーム 1.0.32 リリース

 

サポートされるプラットフォーム

 

         Mac OS Xは、再び完全にサポートされているプラットフォームである。リアルタイムレンダラはOS Xのサポートに必要なOpenGL 3.2のプロファイルを使用するように更新されました。

         我々は今、正式にWindows 7の64ビットのPython 2.6のビルドがサポートされています。

         他のサポートされるプラットフォームは同じで推移している。完全なリストは、次のとおりです。

   Pythonの2.7を使用してWindows 7の64ビット

   Python 2.6を使用して、Windows 7 64ビット

   Pythonの2.7を使用して、Windows 7の32ビット

   Ubuntuの12.04(Pythonの2.7)

   Ubuntuの10.04(Pythonの2.6)

   CentOSの6.3(Pythonの2.6)

   のMac OS X 10.7 "ライオン"以降の(Python 2.7)

 

  

 構築プラットフォームの変更

リアルタイムレンダラ枠組み

  • 有効なレンダーターゲットの再計算を避ける(例:私たちはカメラを周回した場合の再計算シャドウマップしません)
  • ダイナミックパスの変更をサポートしているに関連する複数の修正(例:露出パスオプションから)
  • シェーダparamsのようにレンダリングコールバック、およびブールの入力引数としてブール値とフラグのサポート
  • 射影行列(バウンディングボリュームに基づいている)の除去暗黙の建設が、現在のパスで明示的に構築され、関数のコールバックをレンダリング
  • 新しい 'refineTextureTarget'レンダーパスのステートメントを含むキューブマップレンダーターゲット(点光源の影に使用)、のサポート
  • オク球の照会と変換されたバウンディングボックス
  • RTRマニュアルの改善
  • すべてのシェーダは、現在のOpenGL 3.2プロファイルに準拠するように更新されます。

リアルタイムレンダラ渡し、シェーダー

  • 正射投影カメラのサポート
  • パスによって公開される様々なグローバルなコントロールを持つ無限のライトなど、すべてのライトタイプ(指向性、点、スポット)の影。ディレクショナルライト3レベルのカスケード接続されたシャドウマップの実装。
  • もっと精度をカメラや視錐台に基づいて、シャドウマップやシーンBBOXの遠/近平面の調整
  • 標準パスで私たちのSSAOと満開の統合。効果自体は改善されたが、RTRのための偉大な例を提供することができます
  • カリングのインスタンスごとのサポートと負のスケーリング場合カリングを戻すためのオプションを含む両面シェーディング、(いくつかのDCCのように)
  • 繰延シェーディングレンダーターゲットメモリの削減(全体ではなく位置のZ(奥行き)+より最適なテクスチャフォーマット)

シーングラフ

  • 改良工事オプション付き3 Pythonのクラスの光のリファクタリング(PointLight、SpotlightとDirectionalLight)
  • イメージノードのクラス階層は、登録型のピクセルを格納するためにリファクタリングされました。これは簡単なKLのコード内からピクセル値を照会することができます。例えば '変位デフォーマが'ピクセル値を使用してメッシュを変形させることを示していますを追加しました。
  • アレンビックエクスポータは更新され、現在のシナリオの広い範囲をサポートしてきた。
  • 当店での参考インターフェースシステムリファクタリング。これで、各ノードには、入力端子にとOutPortsのリストを維持します。これらは、グラフを移動して明示的にノード間の接続を作成するために使用することができます。
  • カーブエディタフレーミング、および背景のグリッドの描画を修正。
  • マイナーなバグのコレクションが修正されました。

DCCの統合

  • LinuxでのMaya 2013の統合をサポート

ライセンス供与

  • RLMのフローティングライセンスは現在、ホストごとではなく、プロセスごとです。これは、構築プラットフォームではなく、当社のライセンス生成の設定の変更はありません。ホストごとの代わりにプロセスごとのように更新、以前のフローティングライセンスを必要とするすべてのユーザーは私達に連絡できる。

クリエイションコアの変更

  • CAPI:クライアントで異なるスレッドからクリエイションコアへの呼び出しのためのサポートを追加
  • 米国以外のロケールで実行中のマシン上で最適化されたコードキャッシュを修正
  • 無効な入力でクラッシュを引き起こす可能性がいくつかの小さなPythonクライアントの修正。
 続き...

Creation | Fabric Engine 

支援ツール紹介: Fabricengine Creation Platform ツール紹介と新ライセンスについて

http://fabricengine.com/creation/

FabricEngine Creation Platform

 

Fabric Engine社の Creation Platformの紹介。

 

オートデスク®マスターズ賞受 Helge Mathee 氏も関わる。
チームのほとんどが元Softimageメンバー。
クラウド、モバイル展開を網羅する 次世代アプリケーション。
Autodesk MAYA,Softimage上でも動作。

これは、
3DCGアプリケーションを制作するためのフレームワークであり、
それで作られたものをMAYA,Softimage等で共通の機能、パラメーターで
CG制作ができます。

詳しくは動画 [Creation Platform Trailer] を参照してみてください。

 

*つたない英語力とGoogle翻訳だよりですので間違いあれば指摘お願いします。 

■2013年1月28日 クリエイション&クリエイションモジュールの発表

価格改定と、独立した生成モジュールを販売。
旧ビジネスモデルと、変更後の利点を解説。

CreationPlatformは、
全部セットは使わないツールもあるし
3000ドルは高いですよね、との話。理由と今後の展望が書かれてます。
詳しくはBlog直接みて英訳してみてください。 

■利点(抜粋)
・1ライセンス辺り 250ドル保守(2万3千円程)
・サードパーティの開発者は、
 はるかに低コストで
 スタンドアロンアプリケーションやモジュールを販売することができます 

 

新価格

★年間レンタル:1ノードあたり年間250ドル、 
★購入:750ドル+ $ 100(年)サブスクリプション
(ボリュームライセンスや、ライセンス方式の詳細は直接サイトみてください)

現在、有償ベータ版である。すべてのサイトは、2つの無料の許可の資格があります
★個人が対象  無料1ライセンス。 
家庭での使用のためのライセンスを希望する
学生、愛好家、研究者や人々が含まれています。

■機能紹介ページ

 
Real-time Rendering リアルタイムレンダリング
Creation: Flora 植林
Creation: Horde 群衆
Creation: Tufty 髪の毛
Creation: Flex 筋肉
Creation: Orb サーバ側のレンダリングモジュールウェブブラウザで閲覧できる

■新機能。植林&Simulationツール 

Creation:Flora in Softimage

 
 
 続き...

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1