ホームLastNewsタグ › タグ: Arnold

タグ: Arnold

  • 記事一覧
RSS feed
 
20件中1115件目を表示 並べ替え:

CGSociety - Mercedes with Sehsucht

映像: ArnoldRender事例 Mercedes with Sehsucht

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-9-4 0:51
タグ: , , ,
http://www.cgsociety.org/index.php/CGSFeatures/CGSFeatureSpecial/mercedes_with_sehsucht

cgsocietyより紹介

Mercedes with Sehsucht

 merc_s1.jpg

利用ツール
Autodesk Softimage XSI, Arnold Renderer, SynthEyes 

  1. Mercedes-Benz "Pioneers At Work" (Imagefilm)

  2. Mercedes-Benz "Pioneers At Work" (TVC)

 

 続き...

イベント |

セミナー: 「キャプテンハーロック」におけるArnold Rendererセミナーの御案内 8月9日(金)

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-7-30 14:01
タグ: , , , ,
http://arnold.jp.net/event/

Arnold Japaneより 

harlock_header600_b.png

「キャプテンハーロック」におけるArnold Renderer セミナー、2013年8月9日(金) 開催決定! 

30年の時を超え再び映画化された「キャプテンハーロック」。2013年9月7日(土)より公開される映画「キャプテンハーロック」にて採用された現在、世界が注目するレンダラー”Arnold Renderer"

当セミナーでは、東映アニメーション様主催で、MARZA ANIMATION PLANET様 よりゲストスピーカーを迎え、本作にて使用されたレンダリングソフトウェア「Arnold Renderer」を中心にレンダリングにまつわるパイプラインなどについてご紹介頂きます。

映画「キャプテンハーロック」公式サイト 

 

 続き...

Introduction to Arnold Renderer for Softimage « NOORVFX

Render: Arnold Render 解説有償動画

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-7-4 12:30
タグ: , , , , ,
http://www.noorvfx.com/2013/06/introduction-to-arnold-renderer-for-softimage/

Introduction to Arnold renderer for Softimage

http://www.noorvfx.com/

ArnoldRenderに興味ある場合は
cveldorado@gmail.comまでお問い合わせください。 (maya版含み)

  1. Training to Arnold Renderer for Softimage

  1. Introduction to Arnold renderer for Softimage


    introduction-Arnold-in-softimage-features01.jpg 

    59ドル

    2時間54分

    HD画質1GB

    英語

    レベル:中級

    Softimage2014&ArnoldRedner 


    Arnoldは、モダン(近代的な)レイトレーシング、フィジカルベース(物理学的)シェーディングを合併させたグローバルイルミネーションシステムです。
    Arnoldはより高速で、より多くのパワーと高品質を提供します。

    過去数年にわたり、ArnoldはメジャーなVFX映画等で、他に類を見ない視覚効果を作成するために仕様されている。ハイエンドのコマーシャルプロジェクトにも利用されている。
    ソニー・ピクチャーズ・イメージワークスは、製品の専門家を採用するための触媒であった。今後の映画では、すべてArnoldが利用されている。

MAYA版もあります。

  1. Training to Arnold Renderer for Maya

  

 続き...

Arnold Support Corner | Tips, tricks, and troubleshooting help

Render: ArnoldRender サポートBlog

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2012-12-13 14:58
タグ: , , , ,
http://arnoldsupport.wordpress.com/

Arnold Support Corner

arnold_darkgrey.png 

Softimage&MAYA 対応の
グローバルイルミネーションレンダラー
SolidAngle Arnold Render サポートBlog

http://arnoldsupport.wordpress.com/ 

 続き...

なぜmodern raytracerが流行なのか : little things of mine

Render: なぜmodern raytracerが流行なのか

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2012-11-22 8:18
タグ: , , , ,
http://www.ousam.com/blog/2012/11/14/748

LITTLE THINGS OF MINE より

なぜmodern raytracerが流行なのか

アメリカのみならず,世界の大手VFX/CGスタジオでレイトレーサーが使われ始めている事は見聞きされていると思います.ご存知の通り,今までは海外大手と言えばPRManが圧倒的なシェアを持っていて事実上の業界標準でしたが,ここ数年でそのPRManを(部分的にしろ)レイトレーサーに置き換えるスタジオが出始めました.良く知られているのはImageworksで,今では全てのショットをArnold(ただし自社カスタマイズ版)で製作しています.

各社が移行を進める理由として一番最初に思い浮かぶであろう事は,PRManの価格が高いという問題.しかしこれは二年くらい前に大幅値下げされ,他のレンダラとそこまでの大きな差はなくなった.次はインフラ的な理由.計算機の性能が上がって,以前は速度の面で使うのを諦めていたレイトレーサーが現実的になった.しかしPRManにも(欠点はあるにしろ)レイトレはあるし,実作業で「レイトレーサーでなければできない」ショットというのは極稀にしかない.これらは理由の一部ではありますが,支配的なものではありません.

今までもPRManでクオリティの高い映像は作れていた.過去の資産もたくさんある.それを投げ打ってまで移行しようとするのはなぜか?順を追って説明します.

 

■目次 

製作コスト

アーティスト依存

「モダン」でなければならない

人間の処理能力は変わらない

若くて安い人材

理想論か? 

詳細はBlogを直接御覧ください。

 続き...

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1