ホームLastNewsタグ › タグ: Area

タグ: Area

  • 記事一覧
RSS feed
 
13件中15件目を表示 並べ替え:

Autodesk :: AREA JAPAN | コラム | 第3回:「ICE: デザイン ツール」

ICE チュートリアル&Tips: AreaJP 第3回ICEチュートリアル:「ICE: デザイン ツール」

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2012-8-6 18:45
タグ: , , , ,
http://area.autodesk.jp/column/tutorial/ice_master/design_tool/

チュートリアル / Psyop:Todd Akitaと歩むICEマスターへの道のり 

第3回:「ICE: デザイン ツール」

08.jpg 

Autodesk Area japaneより
チュートリアル記事の更新。

■目次

・基礎の習熟から

・三角法 

・正弦(サイン/sine)、余弦(コサイン/cosine)、正接(タンジェント/tangent) 

■概要。

皆様、お久しぶりです。前回からしばらくお時間が経ってしまったので、今回のコラムからは、あらためて基礎の習熟についての解説をしばらく行なっていこうと思います。

日々利用しているグラフィックスツールを制御する数学により理解を深めるために、テクニカルディレクタやテクニカルアーティストにとって最適な入り口がICEです。その使いやすさは実験を楽しいものにし、結果を素早くヴィジュアライズすることで学習もはかどることでしょう。

このコラムの内容は、2010年と2011年のマスタークラスで発表を行った「ICE:法則の応用」のセッション内容を凝縮したものです。テクニカルアーティストが数学の基礎を復習するため、あるいは日々の業務で必要とされる知識と高校時代に学んだ内容のギャップを埋めることを目標としています。

このため、なるべく簡潔な説明に主眼を置いています。後々のレッスンで登場する外積の計算では、成分ごとのソリューションが行列乗算や回転にどう作用するかといった詳細は省略されています。

一般的には、ゼロから計算する方法を学ぶよりも、どのような時にこれらの演算を使用するのかを理解するほうが重要です。計算方法の詳細については、オンラインのWikipediaやコンピュータグラフィックスの入門書籍をご覧ください。さらに深く学習したい人には、David Eberly氏の “Geometric Tools for Computer Graphics”やJohn Vince氏の“Mathematics for Computer Graphics”といった書籍がおすすめです。 

 


 

 

 続き...

Autodesk Softimage | Autodesk :: AREA JAPAN | テクニカルディレクター 津軽屋 敦士氏インタビュー

News: テクニカルディレクター 津軽屋 敦士氏インタビュー

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2012-1-26 15:07
タグ: , , , , , ,
http://area.autodesk.jp/product/softimage/interview-02.html

Autodesk Area Japaneより

テクニカルディレクター 津軽屋 敦士氏インタビュー

http://a-s-c-e-n-s-i-o-n.blogspot.com/
の中の方のインタビューです

   
 津軽屋 敦士 氏
 フリーランス テクニカルディレクター

 見出し一覧

 ・はじめに、津軽屋様の自己紹介をお願い致します。

・ 影響を受けた作品についてお聞かせください。

・ 津軽屋氏によるICEベースの鎖生成ツールの実験

・ 今回、プロシージャルな鎖の生成を題材として扱われたのはなぜですか?

・ 完成までの道のりをお聞かせください。

・ ICEで対応している分野で、どこに最も魅力を感じていますか?(ICE Modeling、Kinematics、パーティクル、Lagoa...など)また、将来的にICEで対応して欲しい部分はありますか?

・ いわゆる純粋なデザイナーは、ICEとどのように向き合うべきでしょうか?また、スクリプトは書けるが、ICEには手を出せていないという人達に何かアドバイスはございますか?

・ 昔から数学やプログラムが得意だったのでしょうか?

・ スクリプトを学ぶことの重要性についてご意見をお聞かせください。

・ Pythonの言語としての魅力や利点をお聞かせください。

・ Softimageについて、ICE、スクリプト環境以外で気に入っている部分はどこですか?

・ 仕事にやりがいや面白みを感じるのはどういった時でしょうか?

・ テクニカルディレクターとして重要な能力や必要とされる能力は何でしょうか?

・ アセットやパイプラインが複雑化してきていると思いますが、テクニカルディレクターの需要は今後より増えていくと思いますか?

・ 積極的にウェブで情報共有を行われている理由を聞かせください。

・ 最後に記事をご覧になった方に一言メッセージをお願いいたします。

 続き...

Area :: 3December 2011

News: オートデスク®マスターズ賞受賞-Helge Mathee -Softimage

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2011-12-9 1:32
タグ: , , , ,
http://area.autodesk.com/3dec/index

http://area.autodesk.com/3dec/index

Autodesk presents 3December 

モントリオールのイベントからライブストリーミングでは、
2011年12月8日の午後6時から開始予定

 

インタビュー記事で我らがSoftimageのPlugIn制作の一人者
Helge氏に関しての記事があります。

b-helge.jpg 

Autodesk® Masters Award Winner - Helge Mathee - Softimage

 全文英語ですが気合いれて読んでみてください。

 →Google翻訳で訳す

 

//珍しく Lnad-Yのコメント ----------

SoftimageのPlugIn周りでは
MindThinkシリーズを手がける。
SixBirdsに入社後 Momentum , Kratos ,melena,Brigsにも従事。
Brigs事態はGEAR_RIGのビヘイビアとして利用されており、
PlugIn系では非常にクオリティが高く実用性の高い数々のツールをリリースしてます。
MindThinkSpring等は、揺れ物ツールとして未だに愛用してますので
Helge氏の活躍は、個人的にも非常に高い恩恵をえてます。
むしろ今更無いと死ぬレベルのPlugInがちらほら。
今後も期待してます。

------------------------------------

そんなヘルゲ氏へのインタビュー記事です。

■目次(直訳そのまんまです)

・どのようにコンピュータグラフィックスに関わるようになったのですか?

・あなたが働いているプロジェクトのいくつかは何ですか?

・オートデスクマスターとして、何のためには、3Dソフトを使うのですか?

・何があなたにこの業界は非常にエキサイティングです!

・この業界は今後5年間で行くどこを見ますか。

・あなたは、3Dコンピュータグラフィックスのプロの世界に入るに興味がある人のために何の知恵の言葉を持っているのですか? 

 

■関連リンク 

2011/12/8 麓さんによる Autodesk 3December 2011を受講したメモ的つぶやき。 

 続き...

Autodesk :: AREA JAPAN | コラム | 第2回:Softimage編 最初のプラグイン”HelloWorld”

その他のチュートリアル: プラグイン制作チュートリアル”HelloWorld”を出す

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2011-8-9 10:24
タグ: , , , , ,
http://area.autodesk.jp/column/tutorial/plugin/helloworld/

ゲーム開発のためのツール製作講座

第2回:Softimage編 最初のプラグイン”HelloWorld”

Autodesk Areaにて記事更新。

 


-記事内容-

ScriptEditorに"HelloWorld"と表示するだけの、
一番シンプルなプラグインです。
Pythonでは一瞬で終わってしまうので、
ここではC++APIで作ってみます。

ExecutePlugin.png

 

 続き...

The Area :: Access Denied

ICE: ICE_Shrink_Wrap 1.1

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2010-7-7 10:22
タグ: , , , , ,
http://community.softimage.com/downloads/plugins/ice_shrink_wrap_1_1

AutodeskAreaより 

ICE版 シュリンクラップです。
サンプルシーンデーターがsoftimage2011用です。

SI0001.JPG?way=attach&_noumb&refer=FrontPage&openfile=SI0001.JPG 

 続き...

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1