ホームLastNewsタグ › タグ: 植林

タグ: 植林

  • 記事一覧
RSS feed
 
14件中15件目を表示 並べ替え:

ICE チュートリアル&Tips: ロードスター 走って通り抜けるチュートリアル

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-5-14 14:47
タグ: , , , , , ,

Roadster XSI runthrough

ロードスターXSIは、Autodesk Softimageの道路の作成 や車両リギングツールのコレクションです。
次の機能を示しています。

1。幾何学上の道路の曲線投影
2。道路パラメータ
3。手すりは、パラメータ
4。道路形状のポスト
5。車両リギングとパスアニメーション
6。3DQUAKERSフォレスターツリーインスタンスの追加

Roadster for Softimage teaser 1

 

Roadster XSI runthrough

 

 続き...

SiScatter on Vimeo

ICE Compound: SiScatter ICE植林ツール

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-3-11 0:11
タグ: , , , ,
https://vimeo.com/88571870

 ICE植林ツール。
数ある植林ツールですがこちらも非常に高機能です。
是非動画のほう参考にしてみてください。

レンダリングにはRedShiftが利用されているようです。 

樹木に風を当てたり
実を成らせたりととても高機能です。

★価格159ドル(1.7万円くらい)

SiScatter

 

機能リスト

- グラデーションによる色

- 形状IDによる色

- テクスチャマップによる色

- 境界エッジで絞り込み

- 最も近いGEOで絞り込み

- フィルタフラクタルによる

- フィルタのランダムによる

- 斜面で絞り込み

- フィルタ、テクスチャマップによって

- ウェイトマップで絞り込み

- Y標高で絞り込み

- GEO内部フィルター

- ランダム化の色

- ランダム化位置

- ランダム化スケール

- ランダム化サイズ

- ランダム化の方向

- フラクタル形状選択

 続き...

ICE modeling: ICEモデリング基礎「植林」

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-2-5 19:29
タグ: , , ,

Softimage Learning Channel より

ICEモデリング基礎
樹木を複製して配置するまでの簡単なチュートリアル。
ICE勉強されたい方にはちょうどよい練習になりそうです。 

 

Generating a Forest with ICE Modeling - Part 1: Creating the Forest 

Generating a Forest with ICE Modeling - Part 2: Adding Materials and Textures

 続き...

LK Lightning 2.0 is out! — LK Lightning

ICE チュートリアル&Tips: LK Lightning 2.0 リリース&チュートリアル

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-4-15 12:15
タグ: , , , , ,
http://leonardkoch.com/blog/2013/4/11/lk-lightning-20-is-out

LK Lightning 2.0 チュートリアル

VFXや植林が手軽に作れるツールの紹介動画です。
ICEを活用して作られています。

Installing LK Lightning - Basic Tutorial 01

6 hours ago

LK Lightning Overview - Basic Tutorial 02


LK Lightning 2.0 Introduction 

 続き...

Creation | Fabric Engine 

支援ツール紹介: Fabricengine Creation Platform ツール紹介と新ライセンスについて

http://fabricengine.com/creation/

FabricEngine Creation Platform

 

Fabric Engine社の Creation Platformの紹介。

 

オートデスク®マスターズ賞受 Helge Mathee 氏も関わる。
チームのほとんどが元Softimageメンバー。
クラウド、モバイル展開を網羅する 次世代アプリケーション。
Autodesk MAYA,Softimage上でも動作。

これは、
3DCGアプリケーションを制作するためのフレームワークであり、
それで作られたものをMAYA,Softimage等で共通の機能、パラメーターで
CG制作ができます。

詳しくは動画 [Creation Platform Trailer] を参照してみてください。

 

*つたない英語力とGoogle翻訳だよりですので間違いあれば指摘お願いします。 

■2013年1月28日 クリエイション&クリエイションモジュールの発表

価格改定と、独立した生成モジュールを販売。
旧ビジネスモデルと、変更後の利点を解説。

CreationPlatformは、
全部セットは使わないツールもあるし
3000ドルは高いですよね、との話。理由と今後の展望が書かれてます。
詳しくはBlog直接みて英訳してみてください。 

■利点(抜粋)
・1ライセンス辺り 250ドル保守(2万3千円程)
・サードパーティの開発者は、
 はるかに低コストで
 スタンドアロンアプリケーションやモジュールを販売することができます 

 

新価格

★年間レンタル:1ノードあたり年間250ドル、 
★購入:750ドル+ $ 100(年)サブスクリプション
(ボリュームライセンスや、ライセンス方式の詳細は直接サイトみてください)

現在、有償ベータ版である。すべてのサイトは、2つの無料の許可の資格があります
★個人が対象  無料1ライセンス。 
家庭での使用のためのライセンスを希望する
学生、愛好家、研究者や人々が含まれています。

■機能紹介ページ

 
Real-time Rendering リアルタイムレンダリング
Creation: Flora 植林
Creation: Horde 群衆
Creation: Tufty 髪の毛
Creation: Flex 筋肉
Creation: Orb サーバ側のレンダリングモジュールウェブブラウザで閲覧できる

■新機能。植林&Simulationツール 

Creation:Flora in Softimage

 
 
 続き...

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1