ホームLastNewsタグ › タグ: レンダラー

タグ: レンダラー

  • 記事一覧
RSS feed
 
31件中15件目を表示 並べ替え:

https://www.solidangle.com/

Render Addon: ArnoldRender 一般公開

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2014-1-20 3:43
タグ: , , , , ,
https://www.solidangle.com/

ArnoldRender 一般公開

https://www.solidangle.com/arnold/try/

上記で申請すると15日間の体験版が利用可能です。
試用期間が過ぎてもウォーターマークが入りますが
制限なし、フル機能で利用が可能です。

https://www.solidangle.com/arnold/pricing/

価格。

・1000ユーロ(14万程度、為替により変動します)

・レンタル1日6.5ユーロ(917円)

・教育コスト 1年 160ユーロ (2万3000円)

永久ライセンスの場合現在5ライセンス購入が必須です(将来的に1ライセンス単位の可能性があります

 

■ダウンロードはこちらから

https://www.solidangle.com/arnold/download/

■Softimageドキュメント

https://support.solidangle.com/category/sitoa 

■トレーニングビデオ

https://vimeo.com/solidangle 

Softimageメーリングリストの反応

https://groups.google.com/forum/#!topic/xsi_list/hUCyIMpo0_E 

■Arnoldの利点(land-Yより)
・パラメーターへの理解が簡単、難しくない。
・ライティングの設定を煮詰める為に、プログレッシブに画像が生成されるので
トライアンドエラーの時間を著しく短縮できる
・ノイズを消すために、少数の項目にあるサンプリングを上げるだけで解決される

グローバルイルミネーションを基本としたレンダラーですが
その機能がデフォルトでONになっています。
Indirectのパラメータ0にすれば機能を切ることができ、
mental rayと同じような表現が可能です。

他、色々と覚えることが有りますが習熟は比較的楽です。
ただ、マニュアルを見ないとたどり着けない機能もありますので
必ず一瞥されることをおすすめします。


 

対応ソフトウェアは公式では
Softimage,MAYA
今後はHoudiniを予定されています。
ただ、LWや3DSMAX、Blender用のプラグインを自分で作ることは可能みたいです。

 

他、Arnold関係の動画を幾つか貼っておきます。

  1. Arnold Showreel January 2013

 

  1. Creating & Compositing Volumetric Scatter with Arnold for Maya and Nuke 8

    TEST ARNOLD RENDER MAYA REALFLOW KRAKATOA
    1. Arnold Showreel July 2013


      1. Introduction to Arnold renderer for Softimage


  1. Training to Arnold Renderer for Softimage


 

現在内容のチェック中ですので記事の更新が加わる事を前提にしております。
間違いや嘘情報流すつもりは無いんですが間違いがあればご指摘ください。

 続き...

アーノルドレンダー検証 | COLOSSUS STUDIO Inc.

Render Addon: ArnoldRender検証 株式会社コロッサス

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-11-19 14:07
タグ: , , , , ,
http://cls-studio.co.jp/?cat=16

株式会社コロッサス ArnoldRender検証記事 

利用ツールはMAYAですが
パラメーターや使い方はSoftimageと同等です。

MayaArnold1-1024x553.jpg 

Arnold購入検討の方はこちらにお問い合わせください。 

 続き...

Overview | 3delight

Render Addon: 3Delight Render 4.0 リリース

http://bit.ly/1dI98iA

 3DFS_logo.png

 

Softimageの3Delight4.0がリリースされました。

随分と進化しました。
雑感だけでいうと4コアだけのフリー版でありつつ
メンタルレイから乗り換えて良い要素が沢山あります。
Arnoldと同じくプログレッシブレンダリングやシーンのキャッシュが付いていること、
大規模なシーンもレンダリング可能という点に注目です。 

 

フリー版は2コアまで有効になります。
(マニュアルリリースノートには4コアまでフリーとは書いてありますが
スクリプトログでは2コア使えますと表示されています。)

マイナーバージョンが4.01の場合は2コア制限になっていました。
4.02以上で試してみてください。 

■ライセンス形態が若干特殊です。

Quad-core ライセンス - LIMIT ONE PER CUSTOMER OR SITEFree

Quad-core ライセンス400$Add 190$

Unlimited multi-core ライセンス900$Add 290$

Quad-core to Unlimited multi-core ライセンス upgrade500$Add 100$

(上記は一部のプランです。詳細は公式サイトにて)

 

主な概要

・高速化されたグローバルイルミネーション、サブサーフェイススキャッタリング
・モーションブラー、デプスの高速化
・5倍ヘアー高速化
・パフォーマンスにほぼ影響与えずにディスプレイスメントが利用可能に
・大容量のシーンにも耐えうるメモリ効率
・申し分のないレンダリング品質、美しいムスースサブディビジョンサーフェイス
・RIB 対応 インポート&エクスポートRSLシェーダー
・ネットワークキャッシング、レンダリングファームでレンダリングしながら効率のよいバンド幅を利用

■Softimageの為のサポート

・物理的に自然なmaterial、肌、二重にコーティングされたガラス質感も内包。
・200種類に及ぶ、Softimageネイティブシェーダーノードが再利用可能。
・レンダーマンシェーダーと同じように追加がが可能。
・トゥーンシェーダーとインクラインも可能。 
・ICEボリューム、パーティクル&ストランド
・ボリューミック
・レンダーマップ
・全てのジオメトリ、サブディビジョンサーフェスを含め、ナーブス、ファー、カーブ
・素早くライティングするためにシーンをキャッシング
・レンダリージョン、幾つかのアウトプットフォーマットをサポート
・Softimage2010〜2014 XSI7.0 Softimage7.5 対応

 続き...

CGTalk - Announcing Redshift - Biased GPU Renderer

Render Addon: Softimage & GPUレンダラー Announcing Redshift

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-3-16 4:50
タグ: , , , , ,
http://bit.ly/XODt9n

Announcing Redshift - Biased GPU Renderer

公式サイト★http://www.redshift3d.com/ 

cgsocietyフォーラムのスレッド

世界初のプロダクションクオリティのGPUレンダラー

Ver0.1アルファとのことです。
SoftimageとMAYAにインテグレードされております。
その効果の程はyoutubeで動画で確認が可能。
アルファバージョン利用するためには直接問い合わせしてみてください。

jp_studio_icp_1280.png

AI_V8_S10_1200.png 

classroom.png 

 

 

ガーゴイル1280x720(jp_studio_icp_1280.png)
GTX 470:35秒
GTX 670:27秒
GTXのタイタン:17秒

カー1024x683(mazda_1024.png)
GTX 470:75秒
GTX 670:65秒
GTXのタイタン:39秒

Evermotionリビングルーム1200x1000(AI_V8_S10_1200.png)
GTX 470:155秒
GTX 670:123秒
GTXのタイタン:77秒

教室1024x512(classroom.png)
GTX 470:129秒 - は、私が言ったときに[OK]を私は少し誇張2分:)
GTX 670:96秒
GTXのタイタン:49秒
 
 

 

 続き...

Chaos Group | V-Ray News

Render Addon: V-RAY1.6

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-2-5 18:17
タグ: , , ,
http://bit.ly/WqvFIl

V-Ray 1.6 for Softimage Available

製品版、DEMO版リリース (1.60.9)

2月4日に1.60.8が公開されていましたが取り消し。
当日ダウンロードされた方は落とし直しです。

 

 

改良・追加された機能:


・分散(ディストリビュート)レンダリングをサポート
・プロパティのオーバーライド(上書き)をサポート
・Alembicメッシュのインポートをサポート
・Enviroment Fogでのギズモ・オブジェクトのサポート
・Sphereフェードのサポート
・新規ノイズテクスチャの追加
・ICEのサポートを大幅に改良
・各種エクスポーターパフォーマンスの改良
・マテリアルIDを含むMultimatteマテリアルの改良
・V-Rayプロキシへのマルチクラスタジオメトリのマッピングを改良

その他不具合の修正多数・・・

 

 

他、1月28日に
株式会社オークにて購入者ユーザー向け
日本語オンラインマニュアルが公開されてます。

「OakCorp V-Ray 1.6 for Softimage サポートページ」
https://www.oakcorp.jp/vrsi/ (要ログイン)

 続き...

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1