ホームLastNewsAddon&ScriptsGeneral Addon › Exocortex Crate とカスタムICEアトリビュートの利用

Using custom ICE attributes with Exocortex Crate

Exocortex Crate とカスタムICEアトリビュートの利用

Land-Y
投稿者: Land-Y | 投稿日時: 2013-5-23 15:11
タグ: , , , , , ,

http://exocortex.com/blog/crate_custom_attribute_softimage

banner.png

Alembicは、新しいスタンダード。
異なるプラットフォーム、アプリケーションのデーター交換フォーマットとなっている。

アイアンマン3
パシフィック・リム
アメージング・スパイダーマン
Alembicが利用されている。

多様な運用環境での開発パイプラインでは単純ではない。
アーティストが自分好みのDCCツールで作業し、
後で統合の為にAlembicで自分のシーンを保存します。 

Exocortexクレートは
Softimage、3ds MaxとMayaで作成することができます

今回の記事では、
Exocortexクレートの
カスタムICEアトリビュートのエキスポートおよびインポートについて紹介。

詳細はBlogを参照してください。 

 

他、Alembicの高速化アップデートが控えていますので楽しみですね。
Alembic is about to get really fast

  • 4から25倍 読み込みが早くなる
  • 5-15% ファイルサイズが小さくなる。

 


 

購入はこちら。
http://exocortex.com/products/crate

399ドル 

NewsTag

ホーム ニュース フォーラム UserBlog 道場Wiki
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.1.7 2001-2009 XOOPS Cube Project
cvELD.net project [ Softimage & XSI道場 ] since 2004 1/1